内臓脂肪サプリ:お酒が原因の内臓脂肪

毎日の晩酌が楽しみという方も多いですよね。 ですが、日常的にたくさんのお酒を飲むのはあまり良いこととは言えません。

適量であればストレスの解消やリラックス効果なども期待できるため、必ずしも悪いことばかりではないのですが、飲みすぎは病気の原因にもなってしまうので気をつける必要があります。

その理由として挙げられるのが、お酒のほとんどが高カロリーであるということ。 お酒の原料といえば米や麦が多いですよね。 これらの原材料はたくさんの糖質を含んでいます。

近年はカロリーだけでなく、糖質にも注目することがダイエットを成功させる大きなポイントとも言われているのですが、お酒の原料はとても糖質が高いため、気にせずにたくさん飲んでしまうと簡単に太ってしまうのです。

お酒をやめただけでダイエットに成功したという方も多いのですが、これも摂取する糖質の量やカロリーが減ったことが関係しているといえるでしょう。 お酒を飲みすぎてしまうと太るだけでなく、様々な病気を引き起こす危険性があります。

脂肪肝や肝硬変、アルコール性肝障害などもお酒を飲みすぎたことが原因で発生する病気なので、飲酒量には注意していきたいですね。 ただ、お酒とうまくつき合っていく方法もあります。

例えば、おつまみを調整してみてはどうでしょうか。 脂肪分の多いつまみばかりを食べてしまうのはおすすめできません。 糖質が低くて人気があるのはチーズなどのおつまみですが、脂肪分が多いので食べ過ぎてしまうと、内臓脂肪につながってしまう可能性があります。

また、糖質が少ないお酒を選ぶということも重要です。 糖質が少なくてもおいしいお酒はたくさん登場しているので、ダイエットや内臓脂肪の減少に繋がりそうなものを探してみましょう。

他にはノンアルコールビールやノーアルコールカクテルは試してみるのも良いですね。 こちらもたくさんの種類が出ているので、組み合わせながら飲んでみると飽きずに続けられるのではないでしょうか。

完全に禁酒することが難しいという方も、ノンアルコールドリンクを取り入れながら無理なくお酒の量を抑えてみてくださいね。

運動不足が原因の内臓脂肪

運動不足は内臓脂肪がつきすぎてしまう大きな原因です。 普段からあまり体を動かしていないという方は、積極的に体を動かしている方に比べて内臓脂肪がついていると想像できます。

食事から摂取したカロリーはエネルギーとして使われるわけですが、運動量が少ないのにたくさんのカロリーを摂取してしまうとカロリーが余る状態になってしまいます。

これが内臓脂肪を増やすことにも繋がってしまうので注意しなければなりません。 ポイントともいえるのが消費カロリーを増やすということです。

食事で摂取したカロリーを消費するためには、どれくらい動かなければならないのかというのは人によって違います。 ただ普通に生活しているだけでも十分にエネルギーが消費できる方もいるのです。

まずは自分の日常生活をチェックしてみると良いですね。 例えば、家や職場、職場までの道程などでたくさん階段を利用しているという方も多いはず。 階段を昇り降りすることも立派な運動になるので、自然にカロリーが消費されます。

また、仕事で力仕事をしているという方もいますが、そういった場合もただ働いているだけでどんどんカロリーは消費されているのです。

ですが、通勤には車を使っていて職場でもずっと座っている、力仕事もないという方の場合、どうしても摂取したカロリーがあまりやすい状態になってしまいます。

そのような状態で脂肪分の多い食事を取っていたりすると、内臓脂肪はどんどん蓄積されてしまうので注意しましょう。

運動習慣や食生活は前と変わっていないのに、なぜか若い頃に比べて太りやすくなってしまったと感じている方もいるかもしれません。 これは加齢によって基礎代謝が下がってしまったことが大きな原因だと考えられます。

基礎代謝が高い人ほど太りにくいともいえるのですが、加齢によって代謝が下がってしまうとそれほど食べていなくても内臓脂肪がたまりやすくなってしまうので、食事内容を見直してみたり、基礎代謝をアップさせるために運動を取り入れましょう。

内臓脂肪減少に有酸素運動を

放っておくと危険な病気に掛かるリスクの高い内臓脂肪。できるだけ改善していきたいものですよね。内臓脂肪を減少するためには運動する事がよいと言われていますが、一体どのような運動が向いているのでしょうか。

内臓脂肪の減少に向いている運動と言えばやはり有酸素運動が挙げられます。内臓脂肪は燃焼しやすいと言われている脂肪となりますので、毎日時間を見つけて有酸素運動を進めて行きましょう。

有酸素運動というのは会話をしながらできる程度の運動だと言われています。例えばウォーキングや水泳(勿論水泳は会話はできませんが)です。

近くにプールやスイミングスクールなどがあれば、体に掛かる負担の少ない水泳がオススメですが、なるべくお金をかけずに運動をしたいというケースでは、ウォーキングがいいでしょう。靴さえあれば今日からでもスタートできます。

仕事が忙しくてウォーキングする時間がないという人は、いつもより一駅多く歩いてみたり、エレベーターなどを使わず階段に変えてみたり、など歩く習慣をつけるのもいいと思います。

水泳の場合は肥満の影響で足や腰にダメージがかかりやすい人に向いている運動です。消費できるカロリーが多いのも内臓脂肪解消に役立ちますし、全身運動だということもお勧めのポイントになります。

有酸素運動は内臓脂肪燃焼に一役買ってくれるだけではなく、筋肉を作る事ができるのも良い点です。筋肉が増えることによって基礎代謝力もアップします。

脂肪をエネルギーに変えて、消費しやすい体作りができるというわけです。内臓脂肪減少が目的ではない人も、有酸素運動を行うことはとてもお勧めだと言えるでしょう。

有酸素運動は毎日続ける事が重要になります。止めてしまうと効果も終わってしまうため、1日10分でも出来るように、自分が続けられやすい運動を行って下さい。

勿論運動の他にも食生活の見直しは重要です。ですが運動を行わなければ消費することは難しいと言えます。1日10分間を意識して、毎日有酸素運動を行っていきましょう。

内臓脂肪と煙草の関係

内臓脂肪を減らしたいと思っている人の中には、喫煙者の方もいるかもしれませんね。喫煙と内臓脂肪、一見関係ないようにも感じられますが、実はタバコを止める事で内臓脂肪が減少するのはご存知ですか?

煙草を辞めた途端太った、という人もいますので、上記の話は嘘では?と思う人もいるでしょう。ですが実験によっても上記のことは明らかになっています。

某機関が動物実験を行ったところ、動物に煙草の煙を吸わせた時、褐色脂肪という部分でエネルギー消費が活発になったそうです。

この事は、喫煙によって代謝がアップし痩身が叶うということですが、厚生労働省がCTスキャンを活用してデータを取ったところ、喫煙者の内臓脂肪面積は、非喫煙者と比較して大きくなっているという事が判明しました。

これは喫煙することによって内臓脂肪が増えてしまうという事とイコールになります。海外の研究機関での研究でも、煙草を止めたあと体重が増えたとしても内臓脂肪は減っているという結果が出ているようです。

さらには禁煙後再び喫煙してしまうと、体重は減少したとしてもお腹周りは太くなってしまうという結果にも表れています。

煙草の中に入っている成分が内臓脂肪を蓄えてしまう要因となっているようですから、喫煙するということは痩身どころか内臓脂肪増加の原因になり、リスクの高い病気のきっかけになる確率は低くないのです。

喫煙行為は心臓や肺に関して大きなダメージを与えることになるのは有名ですが、内臓脂肪を増やし、重大な病気の引き金になってしまうこともわかっています。

ですが逆に考えると、煙草を吸っている人は、タバコを止めるだけで内臓脂肪を減少させる事ができるということですよね。百害あって一利なしということは、喫煙者の方は良く分かっていると思います。

なかなかやめる事ができないのが喫煙だとも聞きますが、ご自分の体のためにも、大切な誰かのためにも、ぜひ禁煙を考えてみてください。

ページの先頭へ